ko-taの日記

雑にアウトプット、備忘録用に書いていくつもり。

Blender を極めたい。その1

Blender(ブレンダー)とは、オープンソースの統合型3DCGソフトウェアの一つであり、3Dモデリングモーショングラフィックス、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、デジタル合成 (コンポジット)などの機能を備えている。
また、バージョン2.8以降は2D Animationテンプレートを持っており、2Dアニメーション制作ソフトとして使うことも容易になっている。

楽しそう。やってみます。前から手を出したいとは思ってはいた。

なんで今なんだろう。自分の中のやりたいことのできる時間があるからかな?
できる分野として、3Dモデリング、アニメーション、シミュレーションこの三つが主なところか。
ひとまずの目標として、脱出ゲームとか作りたいから、部屋とかの背景モデリングをできるようになるのが目標。
余裕があればキャラクターとかも少しだけ手を出したい。

とりあえずのロードマップとして、
1. 簡単な初心者用モデリングをいくつか (10個ぐらい?)作る。1日2つぐらいのペースで行きたいな。
2. 背景モデリングを3~5個ぐらい作る。2日で1つ作れたら良いな。
3. 自分の好きな背景画像をモデリングしてみたい。5~7日で。

1 週間 1 step のペースを目指す。
てなわけで、作業録を書いていきます。

1日目

www.youtube.com

f:id:KhaOwlTA:20210728001851j:plain

記念すべき第1作品目。たのすぃ。。

youtu.be

f:id:KhaOwlTA:20210728022524j:plain

いろいろいじって時間がかかってしまった。


関係ない話

  • 形から入る

    物事にあらたに取り組む際に、その意義や内容よりも、外見や格好、活動自体を主眼において取り組み始めること。 本質的な意義を蔑ろにして体裁を繕う、といった意味合いを込めて用いられる場合も多い。

  • 対義語:「本腰を入れる

    物事に真剣に取り組むことを指す語。これまで適当な加減で携わってきたが、これからは本気で取り掛かる、といった場合などに用いられる表現。

形から入ることって悪いこととされがち。だけど僕は最近、形から入ることが大切だと思っている。
なぜか。「形のないものに中身はない」から。
いかにも当たり前のことを真理かのように言っているが、これは案外バカにならないと思っている。
というわけで、私なりの「形から入る」独学法を書いていきたい。

  • 形から入る独学法の流れ
  • 大枠を掴む。
  • 環境を整える。
  • 上手い人の真似をする。
  • アウトプットをする。
  • 自己流に仕立て上げる。

1. 大枠を掴む。

  • 大まかに全体像をつかもう。概要を理解すると言ってもいい。
    • 大体どういうことができるかとか、どんな流れかとか、どういう考えなのかとか。
  • ここで細部を理解する必要も意味もない。
    • 物事を極めようと、「本腰を入れる」とわかるが、それには多大な時間とエネルギーがいる。
    • 何なら遠目に見てるだけでも意味はある。と思う。
  • ここを見失うと何がしたいのか分からなくなる。
    • まずは、知識を受け入れる「形」を手に入れよう。

2. 環境を整える。

  • 「環境」≒「モチベーション」
    • 苦労して学んでも、楽しく学んでも、手に入るのは同じ知識。
    • 苦労して手に入れたものに価値があるとは限らない。手に入るのは教訓と苦労。
  • 環境を整えることで、退路を立つ意味もある。
    • とは言っても、「本腰を入れる」わけではないからそこそこでいい。

3. 上手い人の真似をする。

  • 今の時代、Google 先生に聞けばすぐに答えが返ってくる時代だ。1から築く必要はない。
    • 苦労して学んでも、楽しく学んでも、同じ知識 (2回目)。
  • 上手い人への憧れがモチベーションになる。
    • どんどん真似していこう。模倣こそがスタート地点だ。

4. アウトプットをする。

  • 独学辛くない?一人で黙々としてると辛くなりがち。
    • 自分から周りに発信して、反応をもらうだけでもモチベーションになる。
  • アウトプットすると理解が深まる。言語化って大事。
    • 自分の中に中学生をイメージして教える感じがいい。

5. 自己流に仕立て上げる。

  • これも一種のアウトプットではある。
  • ここでやっと本腰を入れる。模倣じゃなくて自分のものを作る。
    • ここまでこれば、必要に応じて細部をインプットしていく。

後書き

現時点での僕の考え方をアウトプットしてみた。言語化することで自分のための備忘録になるし、考えがまとまるきっかけになる。
ブログはアウトプットの良い手段の一つだと思う。うまくかけてるとは思わないが、何事も形から。肩の力を抜いていこう。 そんなこんなでとりあえず Blender を触っていきます。極めるとは言ったけど、別にうまくいかなかったらそれはそれで。